避妊手術 子宮卵巣摘出手術

一般的に動物病院では子宮および卵巣を摘出する
子宮卵巣摘出手術(SPAY:スペイ)が避妊手術として行われています。
ここでは避妊手術について解説を行っていきます。

避妊手術の第一の目的は望まない妊娠を避けることですが、
適切なタイミングで避妊手術を行うことでいくつかの疾患の
予防を行うことができます。

避妊手術によって予防できる代表的な疾患の一つに 乳腺腫瘍が挙げられます。
乳腺腫瘍の発生には性ホルモンが関係していると考えられており、
犬では避妊手術を行うまで発情の回数によって発生頻度が変わることが知られています。
(乳腺腫瘍発生率 初回発情前:0.05% 2回目発情前:8% 2回目以降:26%)
乳腺腫瘍は現在犬において最も発生頻度の高い腫瘍といわれており,
予防メリットは大きいと考えられています。

また猫では避妊手術の有無で乳腺腫瘍の発生率に7倍の差があったとの報告があります。
そのため繁殖を行う予定のない飼い主には、避妊手術を推奨している病院が多いです。

もう一つのメリットとして子宮蓄膿症の発生を防ぐことができる点があげられます。
子宮蓄膿症は犬に多い病気で致命的なケースもある疾患です。
前述の子宮卵巣摘出手術を行うことで、子宮自体を摘出するため子宮蓄膿症
予防できるという点です。
(卵巣摘出術のみの場合、子宮は残るので子宮蓄膿症が起りうる)
同様の理由で卵巣腫瘍も卵巣の摘出を行っているため発生を防ぐことができます。
(卵巣腫瘍の発生率は犬猫ともに稀で予防効果を目的するケースは少ない)

次に避妊手術に関して知っておくべき注意点について解説を行ってきます。
注意点は以下の4つです。

1.肥満傾向

避妊手術によって卵巣・子宮を摘出すると、生体に必要なカロリーが減少します。
その為、手術前と同じ食事を続けていると体重が増加します。また性ホルモンである
エストロジェンには食欲抑制効果もあり、避妊手術によって卵巣が摘出されると
食欲が増進するとの説もあります。
肥満は動物の健康にとって大きなリスクとなりますので注意が必要です。
食餌管理については病院様でダイエット指導等も行われているケースがありますので
気になる方は動物病院へと是非問い合わせてみて下さい。

2.被毛への影響

子宮・卵巣の摘出によってホルモンバランスが変化した結果、
毛質・毛艶などに変化みられるケースがあると言われています。
しかしながら避妊手術の多くが若齢で行われており、成長の過程でも毛質の変化が認められる
ことはあるため、確実に避妊手術と結びつけることは難しい場合もあります。
(筆者の経験談ですがスムースダックスなどで被毛の変化を認めており、
変化する傾向が読めないため、可能性の一つとして飼い主様にお話ししています。)

3.性格・行動への影響

避妊手術は一部の問題行動への改善方法として有効な場合があります。
避妊手術が有効な例として ①尿マーキング ②発情期の放浪・鳴き声
③不安行動 などが挙げられています。
しかしながら行動の変化には予測のできない部分があり、早期の避妊手術により
縄張り意識の減少から猫同士の攻撃行動が減ったとの報告がある一方、
手術後に攻撃行動が増加したとの報告もあり現在のところ議論が分かれています。

4.尿失禁

大型犬(体重が20㎏以上)で起こりやすいとの報告があります。
また高齢犬で発生しやすいとも言われています。
発生する原因は諸説ありますが、確定には至っておりません。
(一部論文等で尿失禁の発生率は11~20%などと報告されておりますが、
実際の発生率は論文より少ない印象です。本国内では小型犬が中心であることなどが
関与している可能性も考えられています。)
現在のところ飼い主様へときちんとインフォームドコンセントを行い、
飼い主様のご理解を得るといった対応を行います。