子宮蓄膿症

高齢かつ未経産の雌犬に多く認められる疾患です。
動物病院では比較的多く手術が行われている疾患の一つですが、
死亡の危険性もある重篤な病気でもあります。
死亡リスクは症例の重篤度に応じて高くなるため疑わしい症状が認められた場合、
速やかに受診すべき疾患です。

子宮蓄膿症はその名の通り子宮の中に膿の溜まる病気です。
大腸菌などの細菌が子宮の中に入りこみ内部で増殖します。

細菌の増殖に伴い炎症を引き起こし、この細菌と免役細胞の白血球が戦った結果が
膿となります。(膿は成分の大部分が白血球の死骸によって占められています)

起りやすい時期としては発情後2か月前後の黄体期に好発すると言われています。
また発生は個体の産歴との関連性が指摘されており、未経産もしくは繁殖を
長期間行っていない犬で多く発生します。
一般的に犬での発生が多いですが猫でも発生することがあります。 猫での特徴として若齢でも発症すること、子宮頚管が開いているケース(開放性) が多いことが報告されています。

症状は幅広く軽度のものから重度のものまで幅広くあります。
(軽度の症例はあくまで初期段階で見つけることができたものです。
進行に伴い重症化する恐れが高いので速やかな治療が推奨されます。)

軽度の症例では元気がない・食欲が落ちているなどといったものから
お水を飲む量が増えた(多飲/多尿)などが挙げられます。
症状の進行に従って発熱・嘔吐・下痢などの症状が現れ、
重症例では意識混濁・ショック状態で病院に来院される場合もあります。

子宮蓄膿症は子宮頸管が開いており膿が陰部より排出される開放性
子宮頸管が閉じており膿の排出されない閉塞性に分けられます。
ペットが子宮蓄膿症をご経験された飼い主様によっては、
「子宮蓄膿症は陰部より膿が出るもの」と思われている場合があるのですが,
実は膿の出ない閉塞性のほうが重篤な症状を示す傾向があると
言われています。

開放性では膿とともに細菌を排出できるのに対し,
閉塞性では膿の排出ができません。
また子宮の許容量以上に膿が貯留した場合、子宮破裂を引き起こし
腹腔内(おなかの中)に膿が漏れ出してしまいます。
こうなってしまうと激しい腹膜炎を引き起こし
死亡してしまうリスクも高くなります。