てんかん

てんかんとは脳の過剰な電気的な興奮により、反復性の発作
を繰り返し引き起こす疾患です。犬猫の脳・神経系の病気の中で
最も一般的に認められる疾患の一つです。
診断においてはCT・MRIが必要となる場合が多いため
診断時のリスクが高い疾患でもあります。

手術難易度
概要

てんかんとは脳の異常な電気的放電によって引き起こされます。
簡単に例えますと、脳というのは電気信号をONとOFFで使い分ける
ことによって信号伝達を円滑にやり取りしています。

これが何かの異常によって、絶えずONが連続するような状況になってしまうと
体はコントロールを失って自由に動かせなくなってしまいます。
これがてんかん発作のイメージです。
この異常な電気的放電の背景には、
   ・興奮系の過剰な亢進(ONが増強されるような疾患)
   ・抑制系の機能低下(OFFが働かなくなるような疾患)
の2通りの原因が考えられます。

てんかんは大きく特発性(原発性)てんかんと
症候性(二次性)てんかんに大別されます。

  ・症候性てんかん:脳腫瘍・脳炎・水頭症・交通事故など
         別の原因から脳に障害を受けてんかん発作を引き起こした
         ものを指します。
  ・特発性てんかん:上記の原因などが見当たらないものを指します。
         (特発性とは原因が明らかでない場合に使われる分類です)

犬のてんかんは100頭中1頭程度の割合で認められると報告されており
猫は犬よりもやや稀であると報告されています。

てんかんの初発年齢は若齢~老齢まで幅広く認められ,
  ・若齢では特発性(遺伝的素因が考えられています)が多く、
  ・老齢では症候性(脳炎や脳腫瘍が多いため)が多いと言われています。

てんかんでよく来院する犬種としては
アイリッシュウルフハウンド・ボーダーテリア・ラブラドールレトリバー
脳炎としてパグ・ヨークシャーテリア、水頭症としてチワワなどが多い印象です。

症状

 てんかんの症状としては非常に多様ですが、
 大きく2つに区分され

部分(焦点性)発作:脳の一部のみが興奮し、その部分に応じた
            異常が認められます。体の一部分だけが勝手に動いたり、
            一点を見つめたまま動かかなくなったりします。
            (その為、てんかんだと気づかれにくく癖だと思われて
            いたりする場合もあります。)
            また部分発作でも意識のある単純部分発作と
            意識障害を伴う複雑部分発作にさらに細分化されます。

全般発作:全身性の発作であり
     ・強直性けいれん:全身の収縮し、手足を伸ばしのけぞったような
              体勢で固まってしまうけいれんです。
     ・間代性けいれん:筋肉の収縮と弛緩を繰り返すタイプのけいれんです。
      全般発作は上記の2つにさらに分類され、全般発作の症状としては
      意識障害を引き起こし、よだれ・失禁・脱糞などを引き起こしますが
      通常1~3分程度で収まり何事もなかったように起き上がります。

また部分発作から全般発作へと移行するケースもあります。
(脳の電気的興奮が周囲へと波及し、脳全体が興奮状態に陥ってしまう状態です。)

   ▲動画共有サイト「youtube」より
    てんかん発作の犬の動画です。


動物の現在の状態を見極めるためには動画撮影が非常に有益ですので、
可能であれば撮影を行って獣医師に相談しましょう。
特発性てんかんの場合、てんかん自体が致命的なケースは多くないのですが、
発作に伴って落下したり頭をぶつけてしまったりと二次的な怪我
引き起こされてしまいますので注意が必要です。

また発作が10分以上(5分・30分など文献によって違いがあるのですが)
極端に長く続く場合、てんかん重積といい注意が必要です。
発作により脳神経細胞の障害を引き起こし、後遺症や命の危険性があるため
注意が必要です。
また一日で2回以上発作が認められる場合も、群発発作と呼び即座に治療対象
となりますので注意しておく必要があります。

 
 診断

てんかんの診断は除外診断を行っていくことが基本となります。
まずてんかんを疑うような発作が確認された場合、
全身的な検査を行い脳・神経疾患以外のものを除外していきます。

具体的には

心臓病:急に倒れてしまうので、飼い主様がてんかんと間違えてしまう
     ケースがあります。心臓病では普段から呼吸が荒くなったり
     咳が出たりするので鑑別のポイントとして覚えておくと役に立ちます。

腎臓病:尿毒症などに伴い神経症状が認められる
     こちらも腎臓病に起因する症状が認められるので
     鑑別に役に立ちます。

肝臓疾患:肝臓は毒物などの代謝・処理に関与しているため
      肝機能の低下に伴なって神経症状が認められます。
      門脈シャントや肝不全などが挙げられます。

中毒:レジャーなどで毒キノコや毒草などを食べてしまった場合や
    ガーデニングなどを行われている場合、根や葉に毒が含まれている
    植物を食べてしまったケースなどがあります。

感染症:FIPやジステンパーなど脳神経症状を引き起こす感染症
     が挙げられます。

これらの疾患は重度に進行した場合に、神経症状を呈する場合が多く
症状として混同しやすいのですが、血液検査や全身の身体検査
によって鑑別が可能です。

上記の脳以外の疾患を確認したうえで異常が認められない場合、頭蓋内の
疾患の可能性を検討します。代表的な疾患として脳腫瘍・水頭症・脳炎など
が挙げられます。水頭症は頭蓋内の超音波検査にて確認できる場合もありますが
基本的にMRI検査(&CT)検査が必要となります。
以上のいずれの検査にも、引っかからなかった場合
特発性てんかんと診断されます。  

てんかんの治療

ここでは特発性てんかんの治療法について解説していきます。
(症候性てんかんの治療は原疾患の治療+特発性てんかんの治療)

特発性てんかんの場合、すべての症例で治療を行うとは限りません。
発作の頻度と長さによって検討され、一般に3か月に2回以上発作が認められ
た場合、治療を検討します。(ひと月に一回以上としている場合もあります)
ただしてんかん重責群発発作が認められた場合には,単回であっても
治療対象となりますので、発作の様子・状況などの把握が非常に重要です。

てんかんにおける治療の目標は「発作」の完全な抑制なのですが、なかなか
難しいケースも多いです。その為、具体的な目標として3か月に一回未満
「発作」抑えることが一つの目標となります。
ただし、治療を開始したからと言って、すぐにてんかん発作を抑えられる
とは限りません。数年単位でようやくコントロールが得られることも
十分ありますので、長い目で治療を行っていく必要があります。

てんかんの一般的な治療薬として

ゾニサミド:細かな作用機序に関しては明らかになっていないのですが、
       脳の電気信号の伝達を遮断・抑制することにより
       過剰な興奮を抑え、発作の発生を防ぐとされています。
       比較的副反応が少ないとされ、第一選択肢として使用
       される場合が多いです。

フェノバルビタール:沈静薬としても用いられるお薬で、
             脳の神経的な活動を抑える働きがあります。
             ゾニサミドより古くからあるお薬で
             ゾニサミド同様第一選択肢として検討されます。

臭化カリウム:神経の電気的興奮が起りにくくすることによって
         電気信号伝達を阻害し、興奮・発作の広がりを抑えるお薬です。
         使用優先順位としては、2番手3番手が多く、上記のお薬の
         効果が乏しかったり副反応が認められた場合に使われます。
         猫では副反応が多く、一般に使用されません。

ジアゼパム:動物の沈静薬の一つで猫のてんかん発作に用いられます。
       犬では繰り返しの投与によって作用時間が短くなる
       ことが報告されているため、日常的な投薬は行わないの
       ですが、激しい発作が起きたとき様に座薬としてお渡ししたりします。

                      などが挙げられます。

   
フェノバール ゾニサミド
   ▲てんかんに用いられる治療薬


てんかんの管理においては上記のお薬などを用いて治療を
行っていくのですが、そのうえで大事なのがお薬の血中濃度です。
てんかんの治療ではお薬の有効成分が絶えず基準値以上に
なるように投与を行い一日を通して発作が起きないようにすることが
重要となります。血液検査にてお薬の血中濃度を調べることができます。

その為、定期検査ではお薬の血中濃度を測定し、発作の頻度との兼ね合い
を見ながら用量を調節していきます。
少ない用量で発作が目標とする頻度まで抑えられればよいのですが、
そうではない場合、お薬の増量や併用を行っていきます。
またてんかんの治療薬は生涯を通じて使用していく必要があるため、
副反応(肝酵素の上昇・食欲の低下・消化器症状など)を
いかに防いで継続使用出来るように管理することが肝になってきます。

てんかんへの獣医師の本音

   飼い主様に覚えておいて頂きたいポイントは
   てんかんの治療は継続して行わなければならない
   いうことです。

臭化カリウムなどでは効果がきちんと現れるまで
数か月かかりますので、ワンちゃんの調子が良いからと言って
勝手にお薬の使用をやめてしまうと、再び安定した効果が得られるまで
時間がかかってしまいます。

また、てんかん発作が認められた場合、ワンちゃんの生活環境の
変更が必要
です。外出時など飼い主様の目が届かない場合、
ケージやサークルの中でクッション材などを敷いてあげることで
発作に伴う二次的なけがを防ぐことができます。

その他、発作の前兆として行動の異常が認められる場合があります。
そわそわして落ち着きが無かったり、不安そうに飼い主のそばから
離れなかったりというお話をよく伺います。
てんかんと診断された場合注意深く、観察していただくことで
予兆を捉え、動画の撮影や速やかな対応が行える可能性があります。