猫伝染性腹膜炎(FIP)

猫伝染性腹膜炎は猫にとって致死的な感染症の一つです。
病原性の低い猫コロナウイルス(FCoV)が猫の体内で
突然変異を起こした結果、この猫伝染性腹膜炎を発症する
と言われています。
未だ解明されていない点も多く、管理の難しい病気です。

猫コロナウイルス自体は広く分布しており,子猫では発熱、嘔吐・
下痢などの消化器症状を中心とした症状が認められるのですが、
成猫では無症状か軽い軟便が見られる程度です。

なぜ猫コロナウイルスが特定の猫の体内で突然変異を起こすのかは、
現在のところはっきりとしたことは分かっていません。
コロナウイルス自体が変異を起こしやすいと言われているのですが、
猫のほうの影響も考えられています。
FIV・FeLVなどの感染症・高度のストレスなどが一つの因子として
考えられています。猫伝染性腹膜炎の激しい症状は、この突然変異したウイルスが
激しい免役応答を引き起こした結果のアレルギー反応であると言われています。
アレルギー反応のタイプによって滲出型(ウエットタイプ)非滲出型
(ドライタイプ)
に区分されます。
いずれのタイプであっても予後は不良で数日~数か月で死亡してしまう
ケースが多いです。

滲出型と非滲出型によって一部症状は異なるのですが

共通する症状として
発熱・体重減少・元気食欲低下・嘔吐・下痢・貧血などが挙げられます。
各タイプの特徴的な所見として

滲出型(ウエットタイプ)
 非滲出型に比べ発現する割合が高い
 胸水・腹水の貯留、それに伴う呼吸困難など

非滲出型(ドライタイプ)
 滲出型に比べ特徴的な症状が少なく、診断が難しい。
 多様な臓器における肉芽腫性病変の形成やそれに伴う神経の障害
 による神経症状など

 が挙げられます。肝障害による黄疸などが認められるケースも
 見受けられます。滲出型および非滲出型はそれぞれ独立した病型ではなく、
 非滲出型から滲出型へ変わってくる症例や両タイプの特徴が認められる症例など、
 様々なケースがあり得ます。

診断  

 FIPの診断ですが臨床的にはなかなか難しい問題となります。
 確定診断には病理組織学的検査(生検)を行う必要があるのですが、
 FIPの症例は状態の悪い子が多く、検査には大きなリスクを伴います。

その為、一般には複数の検査を組み合わせて診断を行うという形になります。
よく行われる方法としてウイルス感染によって症状する抗体価検査があります。
この抗体価検査はコロナウイルスに感染していることは確認できるのですが、
それが変異をしたFIPウイルスかどうかは判別できません。
コロナウイルス自体は広く分布しており、感染している猫も多いため
臨床症状やその他の検査を合わせて判断をしたりします。

また変異する前のコロナウイルスは消化管内のみに存在するのですが、
突然変異を起こすことで血液・浸出液・肉芽腫など消化管以外でもウイルスが
増殖できるようになります。
その為、コロナウイルスが消化管以外(血液・腹水など)から見つかれば
FIPの可能性が高いと考えられます。これはRT-PCR法という検査で
ウイルスの遺伝子を検出できる検査があります。
その他にもウイルス感染を示すたんぱく質の検出や腹水・胸水の性状検査など
複数の検査を組み合わせて総合的に診断するのが一般的です。

 
FIVの治療

発症してしまった場合、現在のところ完治させる方法はありません。
炎症に対してステロイド免役抑制剤の投与を行い、
抗ウイルス効果を期待しインターフェロン治療が行われる
ケースが多いです。

(ウイルスの構成成分であるたんぱく質の合成を阻害することで抗ウイルス作用が
あると考えられています。)
また併発感染を防ぐための抗生剤がほとんどの場合で使用されます。
胸水による呼吸困難の場合では、対症療法として胸水抜去が行われます。
FIPの予後は非常に悪く、ある報告では中央生存期間は9日との報告があります。
(FIPと確定を受けた猫でのデータ)
ごくまれに寛解(症状が見かけ上 収まること)が得られ、比較的長期間生存した例が
報告されているが明確な治療法の確立へは至っていません。

予防という観点では現在FIPに対するワクチンはありません
その為、他の感染症をしっかりと予防し過度なストレスのかかる環境には
注意が必要です。
またFIPを発症した猫から別の猫へ変異したウイルスが直接感染することは
ない
と考えられています。(発症した猫自身に何か因子があって発症する
と推測されるため)その為、多頭飼いの際に過度に不安がる必要なないのですが
そもそも他頭飼いが猫にとってストレスになっている場合や、多頭飼いの場合
コロナウイルスが蔓延しやすい環境になっていることが多いため注意は必要です。