糖尿病

人の生活習慣病としてよく知られている糖尿病ですが,犬猫でも起こりうる
慢性疾患の一つです。人同様に高齢の動物で発症するケースが多く肥満などの
生活習慣・個体素因が大きく影響することがわかっています。

医学書などの糖尿病の定義を記載すると
「絶対的もしくは相対的なインスリンの欠乏により、
高血糖が持続することで尿糖が認められるもの」となります。

専門的な表現で分かりずらいので言い換えますと、我々人間を含め動物の体の中には
インスリンというホルモンが存在しています。このインスリンは血糖値
(血液中の糖分の量)を下げる働きを持っています。
(正確には、インスリンは血液中の糖を細胞内へと移動させる働きを持っています。
腸管より吸収された糖分は血管の中に入るのですが、そのままでは細胞内まで
入ることができません。インスリンは血管の中から細胞内へと糖を移動させることで、
細胞の栄養供給にかかわっています。)

このインスリンが欠乏(不足)すると、動物は血液中の糖分を細胞内へと移動させる
ことができません。つまりいつまでも血糖値を下げることができず高血糖が
続いてしまいます。そして高血糖が長期間にわたって続いてしまうと、
おしっこの中にも糖が出るようになってしまいます。
これが尿糖であり糖尿病の名前の由来となっています。

症状は基本的に人の糖尿病に準じます。
しかしながら動物では特に注意が必要なポイントがあります。
人では自覚症状や健康診断により、早期発見を行うこともできる

のですが動物の場合、気づかないまま症状が進行し重症化してから病院に来院する
ケースも少なくありません。

軽度の場合、多飲・多尿や多食、元気消失などが認められます。多飲・多尿の
原因ですが、糖尿病では上述の通りおしっこの中に糖が認められます。
これにより尿の浸透圧(尿の濃度が高いほど体の水分を奪われると考えてください)
が上がり、体の水分が尿へと引き込まれて体外へと排出されます。
その結果、動物は水分喪失によりお水をがぶ飲みするようになります。

また多食の原因ですが、インスリンが不足すると動物は細胞の中に
糖を取り込むことができません。つまり細胞が飢餓に陥った状況となります。
その結果、動物は積極的にご飯を食べようとします。
一般的にご飯をよく食べるのは健康的な証しなのですが、糖尿病に関しては
多食が症状として認められます。

症状が重くなってくると、削痩(痩せてくる)、 跛行(びっこを引く:猫に多い)
白内障の進行、嘔吐、食欲低下、意識障害、昏睡などの
症状が現れてきます。

糖尿病では食欲が増すのですが、いくら食べたとしてもインスリンが無ければ
細胞は糖を取り込めないので体は痩せてしまいます。
「食欲があるのに痩せてきた」というのは重要なシグナルの一つです。
また神経障害より跛行、ケトアシドーシスの発現により嘔吐などが認められます。
このような段階になってしまうと、体調の異変より食欲は低下して
ぐったりと意識混濁に陥ることもあります。
糖尿病症例を治療を行わず放置した場合、死亡してしまう可能性もあります。